レギンスを2枚重ねするという発想

寒くなってくると、ボトムスの薄さが気になってきますよね。

とくにショートパンツやスカートをはいたとき、下にタイツやレギンスを重ねますが、それがうすうすだったとき、かなり心もとない感じがします。

女性は下半身を冷やしてはいけないですから、毎年見えないくらいの丈のインナーパンツを重ねたりして工夫してきたんですが、やはり寒いものは寒い。

 

今年も例にもれず、そんなことで悩んでいたら、友人がスグレモノのレギンスを見付けたと言って教えてくれました。

それは、重ね履きをするレギンスセットです。

レギンスは通常1枚ではくものだと思い込んでいましたから、重ね履きをするという感覚はなかったですね。

 

それは、まずシルクの薄手のレギンスをはいてから、上に保温機能のあるレギンスを重ねるという構成になってます。

素肌に当たる部分はシルクで、肌触りよくぬくもりを感じさせる素材です。

上から重ねるレギンスは、風を通さない厚手でありながら、2枚重ねても着ぶくれた感じはしないように工夫されています。

 

友人は、このレギンスセットを買ってから、普通の1枚ではくレギンスがはけなくなったと言ってました。

実際にはかせてもらうことは遠慮しましたが(笑)、2枚重ねたものを腕に通させてもらいました。

やっぱり全然温かさが違いますよ。

私も友人も子どもが小さくて、寒空に自転車で出かけないといけないことも多いので、このレギンスセットは本当に役立つと思います。

私もさっそく、同じものを注文しちゃいました。

ダブルジッパーのアウターが欲しいです

肌寒くなってくると必需品のアウターですが、すその開きを思うままに調節できるものって、案外少ないなって思います。

ジッパーで開閉するものはとくに、上の方は自由に開けられるんですが、逆に下の方だけ開けたいっていうときにできないことが多いです。

上からも下からも開け閉めできる、ダブルジッパー方式のアウターもあるにはありますが、自分のお気に入りのアウターにそれがついているとは限りません。

 

私がそれを強く思うようになったのは、お腹が大きかったときです。

冬場におなかが大きかったので、コートを着たいんですが、前を留めると苦しいし、かといって全開すると寒いんですよね。

そんなとき、ひとつだけダブルジッパー式の冬用アウターを持っていて、そのときはそればかり着てました。

おなかのところだけ、下の方から開けていれば苦しくありませんからね。

 

このダブルジッパー、コート類だけじゃなくて、パーカーなんかにも採用すればいいのになって、いつも思ってるんです。

特に重ね着をするようになってくると、裾の方だけ開けたいことも増えますよね。

ボタン式のものを選べばいいのかもしれないですが、そうそう理想通りのお洋服っていうのはめったに見つけられないものなんです。

 

アウトドア専門店に行けば、マウンテンパーカーなんかはダブルジッパー方式のものがほとんどです。

やっぱり、使い勝手を本格的に追求すれば、そうなってくるんでしょう。

専門的なものまでは求めていませんが、もう少しそちら寄りになってくれてもいいのにな…って思ってます。

 

ブーツの気になるところ

秋から冬、そして春まで大活躍のブーツ。

私も愛用しています。

ただ、ブーツは脱ぎはきがしにくいし、脱いだ後も気になりませんか。

私はとくに、よそのお宅を訪問したときに気になります。

玄関ででーんと場所をとってしまうことと、足のニオイも…。

できるだけブーツキーパーを持って行って、だらんとしないように心掛けているんですが、つい出がけのバタバタで忘れてしまうことも多くて。

 

そして、ブーツ中は蒸れやすいので、やっぱりニオイが発生しやすいんですね。

これさえなければ、ブーツって最強だなって思うんですが、やっぱりメリットとデメリットというのは存在するわけで。

どれだけかわいいファッションに身を包んでいても、ブーツを脱いだらもわ~んっってニオイが立ち上ってくる…なんていうのは、目も当てられません。

 

なので、絶対に迷惑をかけたくないときは、ブーツを選択肢からはずすこともありますね。

特に主人の会社関係の人のお宅にお邪魔するときなんかは、私の失態が主人の評価につながってしまうので、脱ぎ破棄しやすくスマートに動けることは必須です。

ブーツをはいていくと、玄関でもたもたしてしまうことも多くて、やっぱり迷惑をかけてしまいますから。

 

あとはニオイがなるべく早く消えるように、はいた後は風通しのいいところに数日置いて乾かすのも大事ですね。

私はベランダに出しています。

お気に入りのブーツは来年もはきたいですから、こまめなケアを欠かさず、お手入れしていきたいなって思ってます。

ライナー付きコートの活用

私はいくつかライナー付きのコートを持っているんですが、あまりライナーを付けて着たことがないんです。

きゅうくつだから…ということでもなくて、なんとなくつけるのが面倒くさいということなんだと思います(笑)

だって、ライナーを付けるのって、ファスナーやボタンでいくつもとめないといけないし、それを付けたところでそれほどあったかいの?っていう疑問もあって。

 

だけど今年は、せっかくライナーが付いているんだから、活用しなくてはもったいないなと思うようになりました。

付けはずしするから面倒くさいんだという結論に達したので、今年は洗濯したあと、すぐにライナーを付けてしまいました。

それで、ちょっと肌寒いなくらいの日には、他の薄手のコートを着て、それはもっと寒くなってから出してくることに。

面倒くさがり屋の私には、もう外さないのが一番いいんだと思います(笑)

 

最近では、ライナーだけでも薄手のジャケットやベストとして着られるものも出ていますね。

2WAY、3WAYコートとして販売されていたりします。

私の持っているライナー付きコートは、残念ながらライナーだけで着ることはできませんが、その代わりライナーとしての機能はとても考えてつくられています。

背中は暖かく、前身頃や肩のところは動きやすくするために薄手になってます。

これを作った人は、かなり考えて工夫をこらしてくれたんですね。

それに気付かず、これまで活用していなくて申し訳かったなって思ってしまいます。

この冬は、いっぱい着てあげるつもりですよ。

男性諸君はインナーを着て欲しい

夏ももう終わりですが……9月・10月とはいえまだまだ暑い時期ですね。
夕方・夜になれば涼しさも増すものですが、それでも日中は猛暑が続く季節だったりもします。秋とは言えまだ暑さの続く季節でTシャツを着る事って多いのでは? と、思えますがTシャツの下に是非ともインナーを着る事を忘れないで頂きたいと思えます。
基本的に男性って、Tシャツの下にタンクトップなどインナーを着る事ってそんなに無いとは思えますが、乳首が透ける事によって女性からのヘイトがかなり急上昇するそうです。
確かに街中で歩く男性を見てると『乳首がすごい透けてる……』なんて方、意外にも結構っますよね。

正直な見解、あれって本当気持ち悪いです。

折角カッコイイTシャツとボトムスでしっかりとキメてるイケメンなお兄さんでも、たったコレだけで完全にアウトだと思えるのです。
これだけで折角いいコーデをしていても、一気に台無し!
これじゃ元もこうも無いですよね?
見苦しさがあるという事はイコールして清潔感に欠けているのでは? という見解も出来るワケです。
是非とも一緒にインナーアイテムにも気を配るようにした方が良いのでは? と、思えます。思えばシャツスタイルの時だけは皆さんこういた部分に配慮してインナーを着るものですがTシャツの時は全く……っていう方の方が大半でしょう。
Tシャツの時にも同様に透け感Oを無くした方が良いと思えますよ!

モード系は小物にも気遣い!

私と主人のファッションの傾向は基本的のは白・黒とモノトーン系カラーで纏めたシックな雰囲気のモード系ファッションを好んでよく着ています。
モードの何がそんなに魅力的なのか? と、言うとやはり何と言ってもビシッっとしていて気分が引き締まるような気がしてしまいますね♪
また、清潔感があるので人から見て好印象だという風に言われた事もあります。
しかしそんなモード系……ひとつだけ難点を上げるとするのであれば、白・黒とモノトーン系カラーこの最大の特色が一番の欠陥でもあったりします。
難しそうに見えて、簡単なファッションですが……本当白黒モノトーン配色って顔色が悪く見えてしまうものなのです。
何度か私も「なんか顔色悪く無い?」なんて言われてしまった事があります。
けれど、それもメイクなどに赤みをさすなどで簡単に回避をする事が出来ます。
質素なファッションであるからこそメイクは華やかに。モードファッションをする方には是非とも推奨をしたい事だと思えます。
けれど男性の場合メイクってまずしませんよね……やったとしても舞台に立つ人くらいでしょう。けれど男性の場合はベルト・靴などの小物に差し色を持ってくる事によってこの悩みはクリアになります。白黒だからこそ本当多種の色合いが似合ってくるものです。
そこにトレンドカラーを持ってくるだけで今年流な着こなしが出来ちゃうのも簡単便利だなと思えますね♪
また、この手法当然男性だけではなく女性にも充分に活用が出来てしまいます!
バッグなどの小物にビビッドなもの。これが案外似合ってしまうのです!
是非参照にしてみてはいかがでしょうか? 私は今年の秋もモード系で過ごそうかななんて思っています♪